Yamamoto's Laboratory
トップ
練習

LaTeX


なぜ LaTeX なのか?

Microsoft Word のような便利なソフトウェアーがあるのに,「なぜ,LaTeXを使うのか?」という疑問に答えます.これについては,LaTeX の作成者の Leslle Lanport の「LaTeX 2ε」に的確にかかれています.

…ところが今日では,DTP (Desktop Publishing) は当たり前になっている “WYSIWYG” (what you see is what you get = 見たとおりの出力が得られる) プログラムを購入しさえすれば,文書をタイプするのと同時に,でき上がりの文書がどのように見えるかを正確に知ることができるのである.WYSIWYG プログラムはとても魅力的なもので,簡単な操作によって,テキストを希望の場所に希望する書体の希望するサイズで置くことができる.さて,WYSIWYG プログラムを使えば望みどおりにテキストを整形できるのであれば,テキストが引用文かコンピュータプログラムかを示してやらねばならない LaTeX など,いったいなぜ使わなければならないのだろうか?

WYSIWYG プログラムの場合,LaTeX でいう論理デザインを,視覚デザインで置き換えている.手紙やメモなどの短い文書を扱う場合なら,この視覚デザインはうまく機能する.しかし,科学論文のようなもっと複雑な文書の場合はそうはいかない.WYSIWYG の特徴は “what you see is all you've got” (見たとおりのものしか得られない) という言葉に,とてもよく表現されている.ここでは,論理デザインのほうが視覚デザインよりも優れていることを証明するために,…

まとめると,Microsoft Word のような WYSIWYG プログラムは,文書の論理デザインを視覚デザインと置き換えており,論理構造のある文書を書きにくい,ということである.

Word vs LaTeX

LaTeX は文書を作成するソフトウェアーです.世間一般で文書を作成するソフトウェアーと言えば,「Microsoft Word」でしょう.表1 にそれらの比較をまとめます.「どちらが優れているか?」との問いに関しては,宗教論争になってしまいます.気に入ったものを使う — ということで良いのではないでしょうか.

私の実感は,「Microsoft Word は数枚のビジネス文書ならば便利に使えるが,複雑な文書の作成には向かない」というのが正直ところです.世の中のほとんどの人はこれで事足りますが,論理的なきちんとした文書を求められるエンジニアーや研究者はそうはいきません.「Microsoft Word で頑張る」ことも可能でしょうが,私は嫌です.LaTeX だと簡単にかけて仕上がりが美しいばかりでなく,プログラムを書く楽しさと似たような感覚を味わうことができます.ということで,私は多くの文書を LaTeX で作成しています.

Word と LaTeXの比較
Word LaTeX
インストール 初心者でも,簡単にインストールできる. 以前は大変面倒だったが,TeX Live になったので今は簡単.
操作性 初心者でも簡単に使えるが,複雑な操作は面倒なことがある. 使うためには訓練(努力)が必要.
価格 有料 フリー
文書の見栄え 初心者でもそれなりにできるが,上級者には物足りないことが多い. かなり美しい.
短い文書(3ページ以内) まあまあ,使える. 問題ない.
まずまずの長さの文書(20ページ以内) だんだんと大変になる.レイアウトが一定にならなかったりとか,図番号や式番号があると面倒になる. 問題ない.
長い文書(20ページ以上) かなりの面倒な作業になる. 問題ない.章や節ごとにファイルの編集ができる.長い文書の場合,これはとても便利.
文書の作成スピード かなり遅い.文書のレイアウトなどに多大な時間が必要である.そのため,とてもいらつくことがある. とても早い.文書のレイアウトが自動なので,書くことに専念できる.
数式 マウスでちまちま書くので,とても遅い.そして,できあがった式が汚い. テキストでコマンドを打ち込むので,とても早い.数式はとても美しい.
図が劣化することがある.図の配置が勝手に変わる.元図を修正しても,本文に反映されない.図の管理は絶望的. PDFに外部ファイルを取り込むので,図の劣化がない.元図を修正したら,文書に反映される.図は別フォルダー(ディレクトリ)なので.管理が容易.
ちゃんとした表の作成は,とても面倒.Excel の表を取り込むことも可能だが,それでも面倒. テキストファイルの編集なので,慣れれば簡単.慣れるまでの敷居は高い.他のプログラムの出力を表にすることが簡単に可能.見栄えも良いし,自由度も高い.
複数の著者で文書作成 可能だが,大変面倒. 全く問題ない.Git と LaTeX の組み合わせは最高.


no counter