Yamamoto's Laboratory
 
東京:散歩
  木場
  銀座
 
 
 
 
 
GPSロガー
  Garmin eTrex 10
 
 
ホーム ぶらぶら散歩 GPSロガー: Garmin eTrex 10

GPS ロガーGarmin eTrex10

Garmin 社の GPS ロガー eTrex のログデータを google map に表示するための html の作成方法を示します.eTrex のログデータを google map を使った HTML で表示するには,少しばかり面倒です.ログデータを読みこんだ後に,GPXitmhtml → という具合に,変換を繰り返す必要が有ります.慣れれば簡単です.

目次


はじめに

私のお散歩のお供はカメラと GPS ロガーです.カメラで写真を撮って,それを WEB サイトにアップロードしてます.その際,写真を撮影した場所は GPS ロガーのデータから得ています.歩いた場所が Google マップに表示されます.写真撮影した場所もわかります.結構これが楽しいです.

この GPS ロガーはアマゾンで購入できます.お散歩記録を残したい人は購入してみてはいかがでしょうか.

使い方

マニュアル

本体の購入時に,英語マニュアルがついてきます.また,ネットからもマニュアルの入手が可能です.

設定のメモ

秒単位の表示

カメラの時計と同期を取るためには,GPTの時刻をカメラで撮影します.その場合,GPS の時刻は秒単位で表示させたほうが良いでしょう.秒単位で表示する方法は,次のとおりです.ただし,以下設定の「選択」とは,スティックで選びスティックを押す(Enter)ことです.

  1. 電源を ON します.
  2. Map」を選択します.
  3. Menuボタンを押し,「Setup Map」を選択します.
  4. Data Fields」から,「1 large」を選択します.そして,Backボタンを押します.
  5. Menuボタンを押し,「Change Data Fields」を選択します.
  6. スクロールし「Time of Day」を選択し,Backボタンを押します.

実際の操作

トラックデータの取得

トラック(軌跡)データの取得の開始は以下のようにします.

  1. まずは,メモリー上の過去のデータを消去します.メインメニューの Setup > Reset を選択します.
    • Reset Trip Data: トリップデータ (平均速度や最高速度など) をリセットします.
    • Delete All Waypoint: 必須ではありません.ウエイポイントを全て削除します.
    • Clear Current Track: メモリー中のトラックデータを削除します.
  2. GPS の衛星を設定します.メインメニューの Setup > System を選択します.
    • Satellite System: 「GPS」あるいは「GPS+GLONASS」を選択します.後者の方が精度が良いです.「Demo Mode」デモモードで,実際に GPS による位置測定は,行いません.
    • WAAS/EGNOS: GPS の補正データを利用する(On)/利用しない(Off)の設定を行います.On にすると精度が上がるので,On にすることを推奨します.
    • Battery Type: ここでは,電池の設定も行います.Alkaline (アルカリ) か、Lithium (リチウム) か、Rechargeable NiMH (ニッケル水素充電池) の選択が可能です.
  3. トラックを設定します.メインメニューの Setup > Tracks を選択します.
    • Track Log: 通常は「Record, Show On Map (データ取得と地図表示)」を設定します.「Record ,Do Not Show (データ取得のみ)」や「Do Not Record (データを取らない)」の設定も可能です.
    • Record Method: データ取得タイミングの設定です.通常は「Auto (自動的にデータ取得)」を設定します.「Distance (距離で設定)」や「Time (時間で設定)」の設定も可能です.
    • Recording Interval: 通常は「Normal (普通)」でよいでしょう.

google map で表示するファイルの作成

GPS のログやそれに同期した写真を WEB サイトにアップロードするためのデータ(ファイル)の作成方法を示します.いろいろ調べましたが,iTravel Tech Inc.が作っているソフトウェアーが最も使いやすいです.ここでは,Holux 向けの ezTour を使います.しかし,ezTour は直接 eTrex からデータを読み込むことができません.そこで,(1) GPS のログを読み込み GPX ファイルを作成,(2) GPX ファイルを itm ファイルへ変換,(3) itm ファイルを読み込み html ファイルを作成という手順を踏みます.

ソフトウェアー

必要なソフト

GPS のトラックデータを Google map で表示させるために使うソフトウェアーは,以下のとおりです.

ソフトウェアー 動作
BaseCamp eTrex 10 からデータをダウンロードします.
GPX2ITM GPX形式のデータをitm形式に変換します.
ezTour GPSのログデータ(*.itm)から,html ファイルを作成します.

ezTour

GPS のログを Google マップに表示させるために,ezTour を使います.私は,Holux m-241 を持っていますので,このソフトウェアーが使えます.もし,持っていない場合にはプロダクトキーを購入し,インストールすると良いでしょう.インストール方法は,ソフトウェアー (ezTour)に示しています.

Holux ezTour プロダクトキー
Holux
売り上げランキング: 102,977

「ezTour」のマニュアルを WEB サイトからダウンロードします.Holux の Download Center にあります.そこの ezTour user manual の圧縮フォルダーアイコンをクリックし,ダンロードします.それを解凍すると,ファイル「9472733.pdf」が現れます.これが,ezTour の英語マニュアル「HOLUX ezTour User's Manual」です.

ログの読み込みと GPX ファイルの作成

まずは,GPS(eTrex) からデータを読み込み,GPX (GPS eXchange Format) ファイルを作成します.この作業には,Garmin 社の BaseCamp を使います.ソフトウェアーは,Garmin: BaseCamp Updates & Downloadsから入手できます.

  1. PC と GPS (eTrex) との接続
    1. USB を使い GPS ロガー(eTrex 10)と PC を接続します.この時,GPS ロガーの電源を入れる必要はありません.PC と接続した時点で,電源が ON になります.
    2. 接続完了までにしばらく時間がかかります.「Saving all … 100% Complete」と表示され図1が現れたら,接続が完了です.
  2. BaseCamp の起動.起動は,Windowsの スタート > Garmin > BaseCamp です.
  3. GPS(eTrex)からのログデータの読み込み
    1. メインメニューの デバイス > デバイスから受信を選択します.
    2. デバイスが表示されます.「eTrex 10(ユニットID XXXXXXXXXX) (X:)」をクリックし,OKをクリックします.
    3. ログデータが読み込まれます.
  4. GPX ファイルの作成
    1. メインメニューの ファイル > エクスポート > 'xxx'をエクスポート を選択します.
    2. 適当なファイル名を付けます.ファイルの種類は,「GPS eXchangeファマット(*.gpx) (*.gpx)」とします.
    3. 保存するディレクトリーに移動し,保存(S)をクリックします.
eTrex と PC の接続完了
図1: eTrex と PC の接続完了

フォーマット変換 (GPX → itm)

前節で作成した GPX ファイルを itm ファイルに変換します.HTML ファイルを作成する ezTour は GPX は使えないので,itm ファイルに変換する必要があります.それには,GPX2ITM コンバータ(GPX TO ITM Converter)を使います.これは,WEB アプリケーションです.

  1. GPX2ITM コンバータ(GPX TO ITM Converter) の WEB ページを開きます.
  2. ファイルを選択をクリックします.そして,そして,前節で作成した GPX ファイル (*.gpx) を選択し,開く(O)をクリックします.
  3. 生成するファイルの設定
    1. 生成する「ITM]ファイル形式は,「Holux ezTour/Yupiteru ATLASTOUR/I-O DATA 旅レコプレーヤー 形式」とします.
    2. オプションは,適当で良いです.私は,「速度計算」と「外れ値処理」をチェックし,他はチェックしません.
    設定後,ITM形式に変換をクリックします.処理は時間がかかります.
  4. 処理が終われば,ITM ファイルダウンロードが現れます.リンク Download をクリックします.
  5. 名前 (*.itm) を付け適当なフォルダーに移動し,保存(S)をクリックします.

HTML ファイルの作成

写真なし

純粋に移動ログの軌跡のみを表示する HTML ソースの作成方法を示します.写真とリンクする方法には,次節で述べます.

  1. データの読み込み
    1. ezTour を起動します (スタート > すべてのプログラム > HOLUX ezTour > HOLUX exTour for Logger).
    2. プルダウンメニューの ファイル > プロジェクトを開く を選択します.
    3. ダイアログ「ファイルを開く」が現れます.デレクトリーを移動し,作成した itm ファイルを選択します.そして,開く(O)をクリックします.
    4. 軌跡(ログ)が Google マップに表示されます.
  2. ログの修正
    1. ezTour の左の画面は Google マップです.これを軌跡エディタのタブに変えます.
    2. ログデータをマウスを使って修正します.残念なことに,この時,地図が表示されません.
  3. HTML に変換
    1. プルダウンメニューの ファイル > Htmlデータへエクスポート を選択します.
    2. Htmlデータエクスポートの画面が現れますので,適当なファイル名を付けて右下の [保存] をクリックします.
  4. データの保存
    1. プルダウンメニューの ファイル > 名前を付けて保存を選択します.
    2. データ保存のダイアログが現れますので,適当な名前 (*.itm) で保存します.
  5. HTML に変換
    1. プルダウンメニューの ファイル > Htmlデータへエクスポート を選択します.
    2. Htmlデータエクスポートの画面が現れますので,右下の [保存] をクリックします.
  6. API キーの設定を設定します.設定方法は「Google マップが正しく読み込まれません」の通りです.

以上で,Googl マップ上に GPS のログ (移動軌跡) を表示する HTML のソースファイルが作成されます.出来上がったソースファイルをダブルクリックすると,ブラウザの Google マップ上にログが表示されます.これを,WEBページに組み込む方法は後述します.

写真あり

移動ログの軌跡の上に写真をリンクする HTML ソースの作成方法を示します.この場合,写真のデータには,二つのことに注意しなくてはなりません.ひとつ目は,写真をやたらに高精細にしないことです.高精細にするとファイルサイズが大きくなり,表示に時間がかかります.ふたつ目の注意事項は,カメラの時計を GPS の時計に合わせることです.これは,結構面倒です.私はカメラの方は大雑把に合わせ (1分以内の精度),出発前に,GPS の時計 (秒単位) の写真撮影します.こうすることにより,カメラの時刻とGPSの時刻の差が分かります.これを使い写真の時刻を補正します.

具体的な写真付きの GPS ログの軌跡の HTML ファイルの作成は以下のとおりです.

  1. 写真の保存
    1. 適当なディレクトリー (フォルダーを作成し,写真をアップロードします).
  2. データの読み込み
    1. ezTour を起動します (スタート > すべてのプログラム > HOLUX ezTour > HOLUX exTour for Logger).
    2. プルダウンメニューの ファイル > プロジェクトを開く を選択します.
    3. ダイアログ「ファイルを開く」が現れます.デレクトリーを移動し,作成した itm ファイルを選択します.そして,開く(O)をクリックします.
    4. 軌跡(ログ)が Google マップに表示されます.
  3. ログの修正
    1. ezTour の左の画面は Google マップです.これを起動エディタのタブに変えます.
    2. ログデータをマウスを使って修正します.残念なことに,この時,地図が表示されません.
  4. 写真の取り込み
    1. 次にアプリケーション HOLUX ezTour に写真を取り込みます.メニューの 写真/メディア > 写真/メディアの追加 > フォルダを指定して追加 を選択します.
    2. フォルダーの参照が現れますので,写真を保管したフォルダーを指定します.
  5. 写真の時刻の補正
    1. デジカメで撮影した写真ファイルには,Exif (Exchangeable image file format)と呼ばれるシャン情報が書かれています.これから,写真の撮影時刻を知ることができます.IrfanView では,画像(I) > 画像の情報(I)を選択すると,Exif を読み取ることができます.GPS ロガーの時刻を撮影した写真の Exif に書かれた時刻を確認します.図2では,GPSの時刻は 07:24:30 で,写真撮影時刻は 07:26:53 です.2分23秒の違いです.
      GPS の時刻と Exif 情報
      図2: GPS の時刻と Exif 情報 (クリックで拡大)
    2. 次にアプリケーション ezTour で写真の時刻を修正します.メニューの 写真/メディア > 写真の時間を修正する を選択します.
    3. 写真の時間の変更のダイアログが現れます.写真の時刻を修正します.先の例では,「- 0日 0時 2分 23秒」とします.ボタン [OK] を押せば完了です.
  6. データの保存
    1. プルダウンメニューの ファイル > 名前を付けて保存を選択します.
    2. データ保存のダイアログが現れますので,適当な名前 (*.itm) で保存します.
  7. HTML に変換
    1. プルダウンメニューの ファイル > Htmlデータへエクスポート を選択します.
    2. Htmlデータエクスポートの画面が現れますので,右下の [保存] をクリックします.
  8. API キーの設定を設定します.設定方法は「Google マップが正しく読み込まれません」の通りです.

以上で,Googl マップ上に GPS のログ (移動軌跡) と写真を表示する HTML のソースファイルが作成されます.出来上がったソースファイルをダブルクリックすると,ブラウザの Google マップ上にログと写真が表示されます.これは,これで写真整理に便利です.これを,WEBページに組み込む方法は後述します.

WEB サイトへの表示方法

WEB ページ

ここでは,前節「google map に表示ファイルの作成」で作成した html ファイルを WEB に掲載する方法を示します.前節に載せたログと写真の Google Map の作り方です.前節では,ezTour を使い html と関連ファイルを作成しました.これを WEB ページに載せる方法を示します.

  1. ezTour で作成した html ファイル (*.htm or *.html) と画像などのディレクトリー (*.files) を WEB サイトの適当なディレクトリーに保管します.
  2. 保管したファイルとディレクトリーのパーミッションを変更します.ディレクトリーのパーミションは 755 に,ファイルは 644 にします.以下のコマンドを使うと,一度に変更できます (詳細はディレクトリーとファイルについて).
    $ find ディレクトリー -type d -exec chmod 755 '{}' \;
    $ find ディレクトリー -type f -exec chmod 644 '{}' \;
    このコマンドが指定しているディレクトリーは,ezTour で作成したファイルとディレクトリーを保管したディレクトリーです.
  3. ezTour で作成した Google Map の WEBページへの掲載は簡単です.次のように「<iframe>」を使います.
    <iframe src="htmlファイルへのパス" width="" height="高さ" style="margin-left:マージン"></iframe>
    これを WEB ページに記述すると,そこに Google Map が表示されます.

ブログ (WordPress) で表示

WordPress で作成した google map も,「<iframe>」を使います.WEB ページと同じ書き方をします.

問題の修正

Google マップが正しく読み込まれません

2018年6月11日以降,グーグルマップに「このページでは Google マップが正しく読み込まれませんでした」と表示されることがあります.これは,Google のシステムが変わったためです(参考).Google Maps で独自の地図を表示させるためには,API キーを設定する必要があります.Google Cloud Platform の API キーの取得が必要です(参考).

API キーを取得したら,ezTour が作成するファイル(*.htm)を編集します.そのファイルには,JavaScript に関して,以下の設定が有るはずです.

<script src="https://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false
  &key=ezTour が自動的につけるキー"
  type="text/javascript"></script>

この「ezTourが自動的につけるキー」を「Google Cloud Platform の API キー」に書き直します.

<script src="https://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false
  &key=Google Cloud Platform の API キー"
  type="text/javascript"></script>

これを保存すると,エラー「このページでは Google マップが正しく読み込まれませんでした」がなくなります.

ファームウェアー

Garmin eTrex のファームウェアーのアップデートの方法を示します.ここで示す方法は,eTrex のみならず Garmin の全ての製品で使うことができます.

バージョンの確認

ファームウェアーのバージョンは,Setup > About を選択することで確認できます.

GarminExpress のインストール

アップデートに必要な「GarminExpress」をインストールします.手順は,以下の通りです.

  1. アップデートソフトウェアー「」のダウロードサイト「Garmin Express | Register, Update Software & Sync Your Device」を開きます.
  2. そして,Download for Windowsをクリックします.マックの場合は,「Download For Mad」をクリックします.すると,「GarminExpress.exe」のダウンロードの保存のダイアログが現れます.保存(S)をクリックします.
  3. ダウンロードした「GarminExpress.exe」をダブルクリックします.
  4. インストールのダイアログが表示されますので,「次を読んで同意します」をチェックし,インストールをクリックします(図3).
  5. インストールが始まります(図4).
  6. しばらくすると,インストールが完了します.「正常にインストールされました」と表示されたら,右上の × をクリックし,インストーラーを終了します(図5).

図3: インストール開始

図4: インストール中

図5: インストール完了

ファームウェアーのアップデート

eTrex のアップデートは,次のようにします.Garmin Express を起動すると,アップデートが表示されることがあります.その時は,ソフトウェアーをアップデートしてください.

  1. Garmin Express を起動します(図6).
  2. USB ケーブルを使い eTrex 10 を PC と接続します.
  3. すると「新しいデバイスが見つかりました.このデバイスを今すぐExpressに追加します.」と表示されます.[デバイスの追加]をクリックします(図7).
  4. デバイスが検出されます.そして,デバイスの追加をクリックします(図8)
  5. 製品登録の画面が表示された場合は,メールアドレスを入れます.そして,「Sign me up」をチェックし,次へをクリックします(図9).
  6. ニックネームを記入し,次へをクリックします(図10).
  7. 状態が表示されます.最新の状態になれば,ソフトウェアーを終了します(図11).

図6: アップデート開始

図7: デバイスの追加

図8: デバイスの検出

図9: 製品登録

図10: ニックネーム

図11: セットアップ完了

ページ作成情報

参考資料

  1. ezTour のマニュアル「HOLUX ezTour User's Manual」を参考にしました.Holux のWEBサイト Download Centerからダウンロードできます.
  2. Google mapの問題「このページでは Google マップが正しく読み込まれませんでした」の対策については,「GoogleMapが表示されない時の対処方」に詳しく書かれています.
  3. Google の API キーの取得方法は,「Google Maps Platform APIキーの取得・発行について」に詳しく書かれています.

更新履歴

2017年05月06日 ページの新規作成
2018年10月20日 問題「このページでは Google マップが正しく読み込まれませんでした。」の修正とその方法の記述.


no counter