Yamamoto's Laboratory
 
Lesson
 4.Tiny BASIC
     アセンブル
 
 
 
 
 
 

Lesson 4Tiny BASIC のアセンブルアセンブルと実行

開発する Tiny BASIC のソースプログラムをアセンブルし,BASICのプログラムの実行方法を示します.石田晴久著「マイクロコンピュータプログラミング入門 —Tiny BASIC インタプリタ—」に掲載されているソースコードをアセンブルします.

目次


ソースプログラム

Lesson 2CP/Mによるコンパイル・アセンブル」で示した Tiny BASIC は,Palo Alto 版です.ここでは,参考資料[1]に掲載されている東京版 (元は Texas 版) をアセンブルし,実行します.

入手方法

WEB上にソースプログラムの電子ファイルが無かったので,参考資料[1]に掲載されているソースをスキャナーで読み取り,テキストファイルに変換します.

ページ作成情報

参考資料

  1. 以下の書籍は BASIC インタプリタの作成方法が細かくかかれており,参考になります.このページはこの書籍の内容を分かりやすく解説します.残念なことに,この書籍は絶版なので,入手は難しいでしょう.
    マイクロコンピュータプログラミング入門 Tiny BASIC インタプリタ (1978年) (コンピュータサイエンス大学講座)
    マイクロコンピュータプログラミング入門 Tiny BASIC インタプリタ (1978年) (コンピュータサイエンス大学講座)

    石田 晴久

    近代科学社 1978-08
    売り上げランキング : 1863746

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

更新履歴

2015年05月09日 ページの新規作成


no counter